菓子庵 石川の歴史

創業期

写真 1920年(大正9年) 初代,、石川律治が東京での修行を終え、伊那市中央区にて「菓子司石川」
開店。 

当初は行商が主で、早朝近在の部落に商品を自転車につけて回り、一日の商売で得た金で原料を仕入れ、夕刻より製造。
明朝また行商に出るという文字通り自転車操業によって、徐々に信用と評判を得ました。

当時は砂糖を手に入れるのも大変な時代だったそうです。

通り町銀座商店街進出

写真 1922年、当時新興の通り町商店街の裏通りに移転。 

1949年、通り町火災にて焼失後、食堂、二階貸席を併設。 

1952年、2代目、石川庄蔵を代表として「有限会社石川」設立。

1970年頃、店名を「ベテル石川」とする。

日本経済や商店街の発展とともに、一生懸命製造販売し、売上も増加していった時代でした。

チーズクッキー発売

写真 1960年代に入り、当店の代表銘菓となるチーズクッキーを発売。  

当時はクッキーもチーズも珍しい時代。
その2つが一緒にお菓子になったということで人気を博しました。
味も日持ちも良かったことが消費者に受け入れられました。   

その後、味もパッケージも少しずつ変化してきました。

地域一番店であり、お菓子屋さんの修行なら、まず石川でというお店でした。

今でも石川で修行した人たちのお店が何店かあります。

菓子専門店化

写真 1990年、3代目、石川潔、代表就任。

1991年、本店改装に伴い、食堂、貸席を終了。

店名を「菓子庵石川」に改名。

菓子専門店としておいしいお菓子、伊那のお菓子を前面に訴え再出発しました。

ちいずくっきいを主体として市内販路を拡大。

伊那銘菓としての地位を確立していきました。

4代目 石川信頼 代表就任

写真 2015年、4代目、石川信頼、代表就任。

伊那谷のシリーズなど新しい活動もしながら

ちいずくっきいをもっとたくさんの人に届けたい、

たくさんの人に喜んでもらいたいと

バリエーション商品化にも力を入れています。

仕事自体を楽しみながら
従業員一同、仕事に励んでおります♪